【著作権・著作権侵害・知的財産権に関するご質問はこちらから↓】

著作権について考える:トップページへ

著作権について考える

著作権を知る

著作権」とは、小説、音楽、写真などの著作物を創作した者(著作者)に、著作権法によって付与される権利です。 著作権は、著作者の意思やプライドを最大限尊重するなど精神的な利益を保障する著作者人格権と、著作者が自ら権利を行使したり、他人に権利を行使させるなどして経済的利益が得られることを保障する著作財産権(著作権)に分類されます。なお、著作財産権を一般に著作権と呼んでいます。

 

著作者人格権の種類

著作者人格権著作物を創作した人を「著作者」といいます。その著作者は著作者人格権(人格的な利益を保護する)と、著作権(著作財産権)の2つの権利を持ちます。

 

公表権

まだ公表されていない著作物を公表するかしないか、するとすれば、いつ、どのような方法で公表するかを決めることができる権利

氏名表示権

著作物を公表するときに、著作者名を表示するかしないか、するとすれば、実名か変名かを決めることができる権利

同一性保持権

著作物の内容または題号を自分の意に反して勝手に改変されない権利

 

著作権(著作財産権)の種類

複製権

著作物を印刷、写真、コピー、録音、録画などの方法によって有形的に再製する権利

上演権・演奏権

著作物を公に上演したり、演奏したりする権利

上映権

著作物を公に上映する権利

公衆送信権

著作物を放送、有線放送、自動公衆送信する権利

送信可能化権

著作物をサーバに蓄積するなど自動公衆送信を可能とする権利

公衆伝達権

公衆送信された著作物を受信装置を使って公に伝達する権利

口述権

著作物を朗読などの方法により口頭で公に伝える権利

展示権

美術の著作物と未発行の写真の著作物の原作品を公に展示する権利

頒布権

映画の著作物の複製物を販売、貸与などする権利

譲渡権

著作物の原作品または複製物を公衆へ譲渡する権利

貸与権

著作物の複製物を公衆に貸与する権利

二次的著作物の創作権

著作物を翻訳、編曲、変形、脚色、映画化、その他翻案する権利

二次的著作物の利用権

自分の著作物を原作品とする二次的著作物を利用する権利

 

著作物とは

著作物著作権法によって保護される著作物とは、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術はたは音楽の範囲に属するもの」である。

 

著作物の種類

 

言語の著作物

論文、小説、脚本、詩歌、俳句、講演など

音楽の著作物

楽曲、楽曲を伴う歌詞、即興演奏など

舞踊、無言の著作物

日本舞踊、バレエ、ダンス、舞踏、パントマイムの振り付け

美術の著作物

絵画、版画、彫刻、マンガ、書、応用美術など

建築の著作物

神社、城、教会などの芸術的な建造物

地図、図形の著作物

地図、学術的な図面、設計図、立体模型など

映画の著作物

劇場用映画、テレビ映画、ビデオソフト、ゲームソフトなど

写真の著作物

風景写真、肖像写真、グラビアなど

プログラムの著作物

コンピュータ・プログラム

二次的著作物

原著作物を翻訳、編曲、変形、翻案して創作された物

編集著作物

辞書、新聞、雑誌、職種別電話帳など

データベースの著作物

編集著作物のうち、コンピュータで検索できるもの

 

なお、上記の著作物は著作権法によって例えられたものであります。思想または感情を創作的に表現した物であれば、例示に該当しない物であっても著作物となります。例えば、ホームページやブログ、CGなどが挙げられます